会社案内 CORPORATE PROFILE

沿革

昭和32年4月
創 業
日本鉱業株式会社の製造する硫酸を、東海村の燃料公社に納入の為に
竹内虔太郎が創業。
硫酸の販売の他に金属用電解脱脂剤の研究に成功。
これを期に、川崎製鉄千葉製鉄所構内に工場を設立。
昭和37年9月
商事部門と致しましては、(株)巴川製紙所と代理店契約を結び、
さん孔紙テープ・受信紙等電算機用品の販売をスタート。
昭和42年8月
設 立
商事部門と製造部門を分離し、それぞれを独立の会社とし、
商事部門を日廣産業株式会社として設立
初代の代表取締役社長に竹内虔太郎が就任。
昭和42年8月
共同石油(株)、タツタ電線(株)、三菱電線工業(株)との代理店契約を結ぶ。
昭和51年12月
茨木博が第二代代表取締役社長に就任。
昭和52年7月
日立マクセル(株)と代理店契約を結び、
記録メディア販売事業のスタートをする。
平成6年6月
茨木博が代表取締役会長に就任。
三田村隆一が第三代代表取締役社長に就任。
平成8年4月
キヤノン販売(株)の代理店契約を結んだ事により各種トナーを扱い始め、
本格的にトナーカートリッジ事業をスタート。
平成12年4月
記録メディア、トナーカートリッジの販売強化の為、新木場に自社倉庫を設立。
オンラインでデータを送信し、各種配送業者を駆使し、物流システムを構築。

トナーカートリッジ販売事業の拡大と共に、新木場に第二物流センターを設立。

CD、DVD、各種データカートリッジとは他に、SDカードの販売もスタート。
平成17年4月
新木場にて第一、第二と複数の物流センターで運用していたが効率を上げる為、新木場を閉鎖し、葛西に新物流センターを設立。
平成22年6月
溝江徹也が第四代代表取締役社長に就任。
平成22年9月
エリーパワー(株)と代理店契約を結び、
大型リチウムイオン蓄電池の販売を開始。
平成27年3月
溝江真一郎が第五代代表取締役社長に就任。
平成28年6月
本社を千代田区内神田1-10-1に移転。
平成29年1月
大阪営業所設立。
平成30年1月
大阪営業所移転。
大阪府大阪市西区新町一丁目3番地12号
四ツ橋セントラルビル9階 907号室

会社案内

会社案内